【ノウハウ集】売れる伝え方のバリエーション事例

マーケティングハイ

こんにちは。
マーケティングハイ
web広告担当の臼田です。

新年度もスタートして早3か月。
みなさん休みは取れていますか?

私はと言うと、
久しぶりに数日間の休みを取って、
3月上旬に香港、マカオに旅行に行ってきました。

久しぶりの海外旅行。
いつもと違う環境で大きな刺激を受けました。

旅行2日目。
海外で初のツアーを利用して、
マカオに行ってきました。

日本語の話せるガイドさんの案内によるツアーで、
参加者は全て日本人でした。

そんな中、ガイドさんが観光地に到着する度に、
注意をしていたことがあります。

ツアーガイドが“ネガティブな情報”を盛り込んで伝えていた事

それは、
「盗難に注意してください!」という内容。

以下のような情報と合わせて、
盗難を色々と注意してくれました。

—————————
・日本人のパスポートは200万円で、
売買されている。

・香港よりマカオの方がスリが多い。

・カフェの席やベンチに荷物を置いておくと、
置き引きに合うので目を話さない。

・リュックはファスナーを開けられる可能性があるので、
人込みのあるところでは前に背負う。

・トートバッグなどは、
手を入れられないように前側で持つ。

・昨年ツアーで〇〇名が、
盗難の被害にあった。
—————————

ガイドさんは観光地の情報だけではなく、
ネガティブな内容もここぞとばかりに、
織り交ぜて伝えていました。

ツアーでは、日本語が通じるので安心感がありますが、
いろいろな観光地を巡って、楽しい気分になり、
警戒心が薄れる事が考えられます。

トラブルがあるとツアー会社の評判にも影響するので、
念入りに伝えていたのだと思います。

実際は、マカオの治安は香港とあまり変わらない印象でしたが、
度々のアナウンスのおかげで警戒心を持って観光地を回れました。

伝えたい事は伝え方を変えて何度も伝える事

忘れてしまいがちな内容を、
いろんな角度から頻度良く伝えてもらったことで、
トラブルなく観光地を回ることができました。

これはビジネスでも同じですよね。

情報提供者は重要だと思っていても、
お客さんが軽視していることは1度だけではなく、
何度も伝え方を変えて伝える必要があります。

例えば、ネット広告の作り方セミナーがあるとします。

主催者側としては、
「広告クリエイティブがいかに大事かをセミナーで伝えたい」
と考えていても・・・。

実際に広告運用をしていないと、
どれほど広告クリエイティブが大事か認識することは難しいです。

そのような方に、ただ「広告クリエイティブが大事」と
何度言ったとしても伝わりません。

ツアーの盗難の注意のように、
いろんな角度から伝える必要があります。

【事例あり】伝え方にもこれだけバリエーションがある

売れる伝え方、お金に繋がる伝え方、反応が取れる伝え方。
これらを考えた時、
「広告クリエイティブが大事」とはどんな伝え方があるでしょうか。

例えば・・・。


・近年、SEOやメルマガ広告の集客が難しくなっている。
もっと申込数を増やすには広告運用でレバレッジを掛ける必要がある。

・ネットでビジネスがうまくいっている会社は、
ビジネスモデルと広告とカスタマーサポートに力を入れている統計データあり。

・伝説のコピーライターの○○氏が、
広告クリエイティブが大事だ!と言っている。

・これからのネット広告は、
配信ターゲットや予算調整はAIが自動調整するので、
広告クリエイティブでの勝負が強まっていく。

・ある会社が成功事例で、広告の訴求が当たったことで、
申込単価が3倍になり事業が回り出すようになった。

・広告のクリック率が低いと高いクリック率と比べて、
広告をクリックした際に掛かる広告費が3倍以上変わる。

・奇をてらった広告コピーで、クリック率が高くても、
LPとの関連性が低いと申込はされず広告費の垂れ流しになる。

・広告で新しい訴求を見つけて、LPにその訴求を反映させることで
旧LPより新LPは申込単価が半分になった。

・累計○○人が参加した大人気の
「ネット広告の作り方セミナー」

・セミナー参加者の感想
「セミナーで広告のコツを学んだことを実践して、
広告経由の申込数が2倍になりました。」

広告クリエイティブだけでも、
がんばって考えると、
これだけ伝える要素があります。

伝え方の組み合わせをこっそりお伝えします

伝える際のコツとしては、
以下のような情報の組み合わせを変えて、
何回も伝えるのがオススメです。

・業界の真実
・統計データ
・権威性
・自社の実績
・成功事例
・他社比較
・ネガティブ情報
・ポジティブ情報
・お客様の声
・抽象性
・具体性

作成した中のどれかの要素が見込み客に響くポイントとなり、
「広告クリエイティブが大事」と認識をしてもらい、
セミナー参加を検討頂けるようになります。

是非、あなたのビジネスでも
見込み客に知ってもらいたい重要なことがありましたら
色々な視点で伝えてみたらどうでしょうか?

作成した中から響く訴求が1つ見つかることで、
それを軸にビジネスをうまくブレイクスルーさせることが、
できるかもしれません。

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2019 株式会社マーケティングハイ