売上アップ!ファン層拡大!急成長している企業の3つの特徴

中小企業 リーダー

こんにちは。
マーケティングハイ
web広告担当の臼田です。

1月も月末になりましたね。
遅い挨拶になりましたが、
あけましておめでとうございます。

急成長している企業の3つの共通点

さて、今回のメールでは、
少し趣向を変えてお送りしたいと考えています。

弊社で携わっている急成長している企業の共通点。
これをお伝えしていきます。

以前のメルマガアンケートで、
「売れている企業の特徴や属性について知りたい」
というお声を頂いたからです。

題して、「急成長している企業の3つの共通点」とでもしましょうか。
成果の出やすい企業の特徴とも言えそうですね。

さて、それでは早速本題に入ります。

弊社がプロモーションに携わっている企業で、
普通の成長ではなく、急成長している企業には
以下の3つの特徴がありました。

【1】ビジョン・ミッションを有言実行
【2】今までにないポジショニング
【3】狂ったように仕事

それでは、1つずつ説明していきます。

■【1】ビジョン・ミッションを有言実行

「なぜ、この会社は存在しているのか?」

このコラムをお読みのみなさんは、
既に作成されている方も多いかと思いますが、
ビジョンやミッションのある会社は言うまでもなく成長が早いです。

ソフトバンクの孫正義さんも、
「どうやって人々の役に立つのか?」を掲げることが、
経営では一番大切だと言われています。

ビジョンやミッションを掲げる際に注意すべき点として、
自分の利益になるだけの内容ではなく、
世の中やお客さんに役立つ内容であることが重要です。

さらに、作ったビジョンやミッションは必ず実行すること。

ビジネス活動とリンクしていない“綺麗事レベル”で、
留まってしまっているケースは要注意です笑

急成長しているリーダー(企業)は、
ビジョンやミッションをちゃんと有言実行をしています。
(この辺りはビジョナリーカンパニーという書籍を読むとよく分かるかと)

ビジョンやミッションを作るポイントとして、、
お客さんがその活動を応援したいという気持ちにさせるぐらいの内容が良いでしょう。

弊社もその姿を間近で見させてもらって、
応援したくなった会社は数知れません(笑)

理詰めで説得をして言いくるめなくても、
あなたのために何かお手伝いをしたいという行動レベルで示せればベストです。

ちなみに弊社でもそれを見習って、
ビジョンやミッションを作り込んだことを以前コラムでお伝えしました。

■【2】今までにないポジショニング

急成長している企業は、
顧客が感じている隠されたニーズを見つけています。

そして、分かりやすいキャッチフレーズでポジションを作り、
そのテーマの第一人者になっています。

セラピーや投資など胡散臭いと思われやすい業界の場合は、
その枠に入らないよう使う言葉を注意して、
広い層に受け入れやすいポジションを取りつつマーケットを作っています。

そして、業界内でポジションを確立し、
認知度や影響力が出てきたら、
本を出版してあるジャンルの専門家という状態になってから・・・。

本来自分がやりたかったテーマの商品・サービスを提供しています。
そして、さらに、ビジネスを拡大・・・と好循環に突入しているケースが多いです。

ポジションが取れていないうちに、
あれをやりたい、これをやりたいと自分のエゴを前面に出すのではなく・・・。

世の中に必要としているマーケットを見つけ、
そこのポジションを確立してから、
本来やりたいことをやっているのは大きなポイントと言えそうです。

普通の企業は「やりたいことをやる」というにが、
最初に来ているケースが多いですからね。

■【3】狂ったように仕事

急成長している企業は、
ビジョン・ミッション(つまり、やるべきこと)が明確なので、
働くこともそこまで苦にはなりません。

週末もコンサルティングやセミナーなどで、
バリバリ働いています。

一緒に仕事をさせてもらっていても、
いつ休んでいるのか分からない状態です笑

例えば、過去の事例ですが、
弊社が講座やセミナーをデジタルコンテンツ化して、
クライアント自身が働かなくてもそれなりに売上が作れるようになっても・・・。

彼ら彼女らは仕事量を減らすことはありません笑

自分の使える時間が増えたらさらに働く。
これが急成長しているリーダー(企業)の特徴です。

通常の企業であれば、
大口クライアントが既に1つできあがったら、
同規模のクライアントを2、3作って売上は安定させようとします。

そして、その後でライフスタイルを充実させるために、
働く時間を減らし、本来やりたかったことに時間を当てます。

しかし急成長するリーダー(企業)は、
安定や安全、確実性などを気にせずに走り続けています。
常に前を向いているという感じですね。

■まとめ

いかがでしょうか?

以上が急成長している企業の特徴になります。

やはり業界のリーダーとなるような企業は、
なるべくための行動をしていることが分かりますね。

ポイントとしてあれもこれもやるのではなく、
ビジョンやミッションに沿って、
やることを絞って一点突破というのが・・・。

売上アップやファン層拡大などの成果に、
直結する行動として挙げられそうです。

弊社でも去年度、
ビジョンやミッションの作り込みをしてから、
企業の体質を変えるため色々と試行錯誤をしています。

今回お伝えした内容は、
すぐに成果が出るようなノウハウやテクニックではないかもしれません。

しかし、長期的な売上アップやファン層拡大には、
必ず役に立つ内容です。

普段のメールとは少し趣向を変えてお送りしましたが、
いかがでしたか?
感想などいただけると励みになります笑

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2019 株式会社マーケティングハイ