【事例】テキストを1行変えるだけでプラス50万円?

マーケティングハイ ランディングページ

こんにちは。
株式会社マーケティングハイ
web広告担当の臼田です。

御社ではwebサイトやランディングページのABテストを、
常に実施していますか?
あ、いきなりすみません笑

リスティングやFacebookなどのweb広告を出稿する上で、
ABテストなど何かしらのPDCA施策を実施することは欠かせません。

例えば、ランディングページではヘッドライン(キャッチコピー)のテストを、
実施するのが一般的ですが・・・。

最近ではヘッドライン(キャッチコピー)のテストだけでは、
反応が大きく変わらないので、
それ以外の部分でテストをすることも多くなってきました。

その内容について、
今回のメルマガでは主に伝えていきますね。

=====

あ、後、本題に入る前の余談ですが、
弊社のFacebookページをご存知ですか?
↓↓↓
https://www.facebook.com/marketinghigh.co.jp/

先日、あるコミュニティの集まりでFacebookページの運用について、
話をしたのですが・・・。

弊社がFacebookページを作って運用しているという事実を知っている方が、
非常に少なかったのでここで告知です笑

月3〜4回を目安に頻度よく更新していますし、
写真や図を用いたFacebookページだけの情報の公開もあります。
良かったらフォローしてくださいね。

=====

それでは本題に戻ります。

結果の差が出やすいテスト項目とは?

ヘッドライン(キャッチコピー)以外で、
結果の差が出やすいテスト箇所は、
フォーム回りのテキストです。

そこで、今回はフォーム回りのテキストを、
4つのバリエーションを作成してABテストしました。

ランディングページを持っていない人でも、
webサイトやブログでも簡単にできるテストですので、
ぜひ参考にして頂けたらと思います。

テスト結果を共有する前に、
今回検証した案件の詳細について共有しておきますね。

テスト条件

・期間:
5日間

・オファー
無料ウェブセミナーの視聴予約(メールアドレス登録)

・ビジネス内容
BtoC向け(一般消費者向け)の教育コンテンツ

・ターゲット
女性が9割

・年齢
40~50代

・デバイス
9割がモバイル端末(スマホやタブレットなど)

・広告メディア
→Facebook広告:15万円
→Instagram広告:3万円

計4バリエーションのテスト内容

それでは具体的なテスト内容を見ていきましょう。
フォーム周りの下記のテキストをテストしました。
計4バリエーションですね。

・セミナー初参加者へ事前に入門動画の無料プレゼントの記載
・今までのセミナーの累計参加人数の記載
・個人情報の取扱いについてテキストの作り込み
・メールアドレスの取扱いについてプライバシーポリシーのテキストの作り込み

実際のテキスト内容のキャプチャはコチラになります。
左上がオリジナル(大元のテキストです)
オリジナル含む5パターンあるので違いを見比べてみてください。
↓↓↓
2018-11-14_1505

どのコピーが一番になるか、
結果をご共有する前に考えてみて下さいね。

あなたのマーケッターとしての勘と経験、センスが試されます(笑)

ぜひ、すぐに結果を見るのではなく
一度自分で考えてみて下さい。


・・
・・・
・・・・
・・・・・

ちなみに、余談ですが、
上記のあるテキストがFacebookでもInstagramでも、
一番という結果になりました。


・・
・・・
・・・・
・・・・・

一番良かったテキストは分かりましたか?
それでは、テスト結果を共有します。

テキストを1行変えるだけでプラス50万円?

パンパカパーン!
それではテスト結果を共有します。
↓↓↓
2018-11-14_1431

分かりづらい方もいるかもしれません。

テキストで補足をすると、
「メールアドレスの取扱いについてプライバシーポリシーのテキストの作り込み」が
一番の結果となりました。

テスト箇所がフォーム回りのテキストということもあり、
個人情報を守るSSLやプライバシーについての、
テキストのコンバージョン率が高かったです。

企業の情報漏洩などがニュースで報道されることの多い昨今。
個人情報を入力するのに抵抗のある方が多い、
という仮説を立てられるかもしれません。

また、広告メディア別ですとFacebook広告の場合は、
Facebookをビジネスで使われている人も多いので、
個人情報に対して寛容の方も多いです。

しかし、Instagramはビジネスで使われている方が、
Facebookよりも少なく、
メールアドレスを登録する広告をそこまで見受けないのもあり・・・。

個人情報を入力するのに抵抗がある方が多いのかもしれませんね。

このように、ちょっとしたテキストの修正テストでも、
新たな訴求内容が分かったり、
成約率を2~3%弱引き上げることができます。

ちょっとしたテキストのテストをマイクロコピーテストと呼ぶのですが、
マイクロコピーのABテストでは、
ヘッドライン(キャッチコピー)や本文のテキストを大きく変えなくても・・・。

テキスト内容を1行変えるだけで、
成約率は大きく変わります。

現に弊社でマイクロコピーテストを取り組んでいる案件でも、
成約率が2〜3%変わるだけでも・・・。

後々のセールスファネルを考えると、
30〜50万円のバックエンドの購入率が1〜2件増えました。

要約すると、1行テキストを変えるだけで売上が増えたことになります。
そう考えると細かいテストの重要性が変わってきますよね?笑

マイクロコピーのテストを、
試したことがなければ一度試してみて下さい。

特に、フォーム回りのテストはすぐに効果が出るので、
オススメです。

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2018 株式会社マーケティングハイ