【新企画公開】生身のあなたを見て商品を買う時代の終焉

マーケティングハイ

こんにちは。
株式会社マーケティングハイ
マーケターの齋藤です。

ここ最近、ありがたいことに、紹介・リピート以外での案件受注が続いています。

Facebook広告から資料請求、問い合わせという流れが多いのですが、
中にはFacebookページからメッセージをいただいた方も。

あなたはFacebookページからメッセージをもらったことがありますか?

今までに自社以外にも数社のFacebookページを管理していた経験がありますが、
Facebookページからのメッセージはほとんど記憶がありません笑

いやはやありがたいことです。

紹介・リピートの案件受注は本当に嬉しい限りですし、これからもこの導線が、
弊社の顧客獲得のメインとなることは変わりありません。

しかし、顧客獲得の導線が一つしかないのは、長期的にビジネスを考えた時、
やはり不安が残ります。

そこで、弊社もweb広告を始めとして、最近はチラシやハガキなどを使って、
複数の顧客獲得の導線を作っています。

さて、今回のコラムでお伝えしたいのは、
webサイトやランディングページを始めとした集客・販促のツールの考え方について。

どういうことか?
詳しく説明していきます。

※ちょっとしたお知らせがありますので、ぜひ最後までお読みください。

集客・販売のツールを作成する上での大前提

あなたは一度作ったwebサイトやランディングページを、
定期的に見直していますか?

こんな風に言うと、「えっ?」という顔をされる方、さっと苦笑いをされる方、
色んな反応をされる方がいて面白いのですが・・・。

実はwebサイトやランディングページは「作って終わり」ではなく、
「作ってからが始まり」です。

つまり、作ってから定期的な改善を繰り返していくことで、
完成されていく集客・販売のツールなのです。

「そんなこと分かってるよ」と思っていても、なかなかできていない。
そんな方も多いかもしれませんね笑

例えば、思い返してみて欲しいのですが、
あなたが起業しばかりの頃から、
ビジネスをやり始めてから2〜3年経過した後では・・・。

当たり前ですが、経歴や実績、商品・サービス内容が大きく変わってきますよね。

そして、それに伴って、名刺の肩書きや自己紹介の方法なども、
それとなく変えているはずです。

これと同じことをwebサイトやランディングページなどの集客・販促のツールにも、
適用して欲しいのです。

集客・販促ツールのデザインの価値

上記でもお伝えしましたが弊社では紹介・リピート以外で、
お客様からお問い合わせをいただく機会が増えてきました。

それに伴って、現在、早急にリニューアルを進めているのが、
webサイトの改善です。

今まで口頭の打ち合わせでお客さんから寄せられた質問や、
言語化していなかった弊社のこだわりなどをどんどんテキスト化、
デザイン化しています。

「資料請求パンフレットがしっかりとしていた」
「webサイトやランディングページのスキーム図が分かりやすかった」

弊社へお問い合わせいただき、
制作やプロモーションにお申し込みいただく方の多くから、
このような感想をいただいています。

やはり、webサイトやランディングページの内容や見栄えが、
一定以上のクオリティかどうかはお客様にとっても、
その会社の商品・サービスの質を判断する一つの基準になるんですね。

例えば、「紹介されてwebサイトを見たら、全然更新されてなくて心配になった」、
「ランディングページのデザインが10年前みたいで、ガッカリした」など、
あなたも経験がないでしょうか?

会えば良い人だし、能力もある。
ただ、集客・販促ツールの出来不出来で顧客獲得の機会を失っている。
そんな人は実は多いのです。

デザインは費用対効果では計りづらいのは事実です。
しかし、だからと言って、お客さまがあなたの会社を一番最初に知ることになる、
webサイトやランディングページにお金をかけないというのは・・・。

大きなチャンスを失うことになりかねません。

生身のあなたを見て商品を買う時代の終焉

現代はインターネット全盛の時代です。
集客からセールスに至るまで、
あらゆる行為がネットで完結する時代になってきました。

そのため、あらゆる商品・サービスがweb上で販売されるようになり、
ビジネスには欠かせない存在となりました。
つまり、ビジネスをする上でwebでの集客・販売が欠かせないということ。

「いやいや、いつの時代でも、人と人との繋がりがビジネスでは一番大事だよ」

こんな風に考える方もいると思いますし、弊社もこの考え方には大賛成です。
しかし、現代社会では、人と人との繋がりの作り方が、
一昔前とは大きく異なります。

対面でのコミュニケーションの機会が減った分、
web上でのコミュニケーションに力を入れていく必要があるのです。

そして、そのコミュニケーションの入口となるのが、
webサイトやランディングページ。

将来、あなたのお客様となる方は、生身のあなたを見て、
経歴や能力を判断しません。

webサイトやランディングページの内容や見栄えで判断するのです。
こんな風に考えると、
webサイトやランディングページの重要性にお分かりいただけるかと思います。

【新企画公開】最後にお知らせ

さて、最後に一点お知らせです。

この度、弊社で新しい講座を開催することになりました。
その名も『伝えるチカラ:デザインスクール』

以前、弊社で開催して好評だった、
『セールスデザインセミナー』でお伝えした内容を盛り込みながら、
より洗練された内容となっています。

実は、前回、セールスデザイン講座を受講できなかった方から、
「もう一度あの内容の講座を開催して欲しい」という、
熱いご要望をいただき今回開催する運びとなりました。

詳細は下記ページからご確認ください。
↓↓↓
『伝えるチカラ:デザインスクール』概要ページ
http://tsutachika.com/

あなたの会社のデザイン力を鍛えたい、もしくは、
あなたご自身がデザイン力を活かして、
クライアントにより貢献したいとお考えであれば・・・。

最適な講座となるはずです。
まずは気軽に説明会に参加してみませんか?

※今回はweb広告などを使って、大々的には集客はしません。
お知り合いで需要のありそうな方がいましたら、
ぜひ教えてあげてください。

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2018 株式会社マーケティングハイ