5年、10年先の売上を安定させるためのスキル

スキル

こんにちは。
マーケティングハイの齋藤です。

お盆があけましたね。
今週半ばからお仕事開始の方も多いのではないでしょうか。

たっぷりと休暇を取ったという方もいれば、
みんなが休んでいる時こそだからこそビジネスに励んでいた!
というツワモノもいるかもしれません。

ちなみに、弊社では、仕事半分、休み半分という感じでした苦笑
広告運用が事業の一つとしてある関係上、これは仕方がないのかもしれません。

なぜ『セールスデザイン』のスキルが今必要とされているのか?

現在はインターネット全盛の時代です。
集客からセールスに至るまで、あらゆる行為がネットで完結する時代になってきました。

そして、デザイナーやプログラマーでなくても、
コピーライター、コンサルタント、コーチなどの職種が、
見込み客の困りごとを解決しようとすると、ネットの知識は必ず必要になります。

そんな中、皆さんも一度は目にしたことがあると思います、
通称LP(ランディングページ)。

あの縦に長いページでセールスからクロージング(申し込み)まで
全て完結する作りになっています。

そのため、あらゆる商品やサービスがLPで販売されるようになり、
ビジネスには欠かせない存在となりました。

つまり、ビジネスで成果を出すためには、LPが欠かせないということ。
そして、成果の出るLPを作るには
セールスデザインのスキルが必ず必要になってきます。

ここでいう成果とは、申し込みや問い合わせを獲得できるということ。

セールスデザインのスキルとは、
売上に直結するLPやウェブサイトを作り上げるためのデザインスキル、
ディレクションスキルだと私たちは考えています。

つまり、クライアントの売上を増やすためのサポートができるということです。

直接デザインができるようなスキルは必要なくとも、
デザイナーに指示が出せたり、見込み客のLPやウェブサイトの制作物などを
見て改善案を出すことができれば良いのです。

見込み客の多くが売上を増やすことを目標にビジネスをしているわけですから、
このようにセールスデザインのスキルがあることは十分に選ばれる理由になります。

セールスデザインのスキルがあれば5年、10年先もビジネスが安定します

今、時代が求めているスキルこそセールスデザインの力です。
クリエイティブな作業や考え方には当然、
向き不向きがあるため参入障壁が高く(つまりライバルが増えない)、
長く活躍し続けることが出来ます。

また、これから先AIが台頭してきたとしても、
やはりクリエイティブな分野は人間に軍配が上がります。

しかし、これだけ需要があるにもかかわらず、
セールスデザインのスキルを持つコピーライター、コンサルタント、コーチはほぼ皆無。

であれば、ハッキリ言って始めたもの勝ちです。
セールスデザインのスキルがあれば5年、10年先もビジネスが安定します。

今すぐにセールスデザインのスキルを手に入れることこそ、
最大の自己投資と言えるのですが・・・。

それでは、具体的にセールスデザインのスキルを身に付けると、
どんなメリットがあるのでしょうか?

詳しくはセミナーでお伝えします。

—————————-

詳細はこちらです。
↓↓↓
http://marketinghigh.co.jp/seminar/salesdesign/org/

—————————-

「デザイン?自分には関係ないな・・・」と思ったあなたにこそ、
参加していただきたいセミナーになっています。

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2017 株式会社マーケティングハイ