「がんばります!」という言葉に含まれる“裏の意味”とは?

「がんばります!」という言葉に含まれる“裏の意味”とは?

こんにちは。
マーケティングハイの齋藤です。

最近はライティングだけでなく、
マーケティング的な部分からクライアントと関わることも多くなってきたので、
自然と勉強する機会が多くなってきました。

週末の多くは個別のコンサルティングを受けたり、
セミナーや勉強会に参加をしています。

勉強する過程であるコンサルタントさんに言われた一言に
大きな気づきがあったので、
今回のコラムでシェアしたいと思います。

「がんばります!」という言葉に含まれる“裏の意味”とは?

本題に入ります。
それでは、あるコンサルタントに言われた一言とは何だったのか?

それが、「死ぬ気でがんばります!」とか
「絶対自分のステージを上げます!」などの言葉たち。

まぁ、よく聞く言葉ですよね。
それでは、何がいけないのか?

「知識や技術を提供して、その対価としてお金をもらうのが、
コピーライターやコンサルタントの仕事だと思うんだけど、
そういった仕事をしているにも関わらず『思考停止』してしまっているよ」と。

こんな風に言われたのです。
無意識にこの言葉を口にしている人って、
たくさんいると思うんですけどあなたはいかがですか?

確かに、起業当初や新規事業の立ち上げ、新しい技術や知識を学ぶ際には、
ある程度、質より量になってしまうのは仕方がありません。
死ぬ気でがんばる=労働時間を増やして、ひたすら作業をこなす必要があります。

問題は“考え方”。

あなたは「死ぬ気でがんばります!」と言ってる人が、
本当に死ぬ気でがんばっているケースを見たことがあるでしょうか?
もっと言うと、そういう人が成果を出しているケースは?

多分、ほとんどの人が見たことがないはずです。

ぼく自身も、本当に死ぬ気でがんばるつもりではなく、
この言葉を使って自分の満足感を満たしていただけでした。
(本当にお恥ずかしい話ですが・・・)

逆に成果を出す人というのは往々にして、
このような言葉を口にしませんし、
精神論や大量行動に安易に頼ることもしません。

行動する前に頭を使って考えます。
「必要以上の労力をかけずに成果を出すにはどうすれば良いのか?」
「既に成果を出している人に今から追いつくには何から始めれば良いのか?」

そう、自分の頭で徹底的に考える。

思考することを放棄して、
行動するだけではいつまでたっても成果を出すことはできません。

この一件があってから、
思考を放棄するような言葉を安易に使うことをまず辞めました。
今でも、かなり意識をしないと難しいですが・・・。

自分のステージを一段上に引き上げるにはどうすれば良いのか?
今日も思考することから逃げずに、泥臭くやっていきます!

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2017 株式会社マーケティングハイ