売れるトークスクリプトを真似しても選ばれない理由

売れるトークスクリプトを真似しても選ばれない理由

こんにちは。
マーケティングハイの臼田です。

本日のお話はある会社さんのプロモーションで、
制作物を作る際に得た気づき。

コンサルタント、コーチ、セラピスト、カウンセラー、治療家など、
知識や技術を提供するお仕事をされている方を中心に
セールスや集客を教えている企業の経営者さんから聞いた話です。

ぼくのように、セールスを課題に感じている方にセールスを教える際、
“ある重大な間違い”をしている方が多いと。

そして、実際に対面でのセールスをしている人は、
その間違いをほぼ必ず犯すそうです。

その間違いについて今回のコラムではお伝えします。

あなたのセールス力が分かる、シンプルかつ強力な質問

答えをお伝えする前に、ちょっとした質問をさせてください。
この質問で、あなたのセールス力が分かる、
シンプルかつ強力な質問です。

Q.セールスの成約率を高めるために、
やってはいけないことって何だと思いますか?

ターゲットを明確にしないでセールスをすること?
相手の話を聞かずにこちらから話し続けること?
お客さんの意思とは関係なく売り込むこと?

お話を聞いた経営者さんが言うにはいくつかあるらしいんですが、
一番は“売れている人の真似をしてはいけない”ことだそうです。

つまり、売れるトークスクリプトを真似しちゃいけないということ。
これを聞いて「ええっ!」と思いませんか?
普通はまず成功している人をお手本に真似しますよね?

世の中のビジネス書やセミナーだと、
売れるトークスクリプトをそのまま真似して使え!みたいに教えている場合が多いし。
その常識を真っ向から否定しているんです。

テンプレートから得た技術では売り続けることはなかなかできません

どいうことか詳しく聞いてみました。
話を聞いてみると、「確かに!」と納得。

それではお聞きした話をそのまま引用します。

—————————-

確かに成功者の真似をするというのは、効果が出そうですよね。
ただ、行動に移す前にちょっと考えて欲しいのですが・・・。

セールストークというのは、
同じように見えても人によって全然違います。

話を聞くほうが売れる人もいれば、
自分が話すと売れる人もいるし、
対面ではなくブログやメルマガで売れる人もいます。

つまり、成果の出たセールストークを
そのまま真似してもどこかで無理が生じたり、
違和感を感じながら真似し続けるわけです。

ある程度はこの方法で売れるかもしれませんが、
人によっては罪悪感を感じたり、ストレスを感じたりして、
あまり長期的に売り続けることはできません。

それでは、どうすべきか?

実はお客さまに選ばれるためには、
成果の出たセールストークを学ぶよりも大切な
“あるルール”を知っておく必要があります。

このルールを知らないがために、
売れている人の真似をしても思った以上にセールスが決まらないのです。
テンプレートから得た技術では売り続けることはなかなかできません。

お客さまに選ばれる人と選ばれない人の違いというのは、本当にコレだけです。
人から言われると「あっ、確かにそうかも・・・!」と思えるのですが、
自分だけではなかなかこのルールに気付くことができません。

少しヒントをお伝えすると、
お客さまに選ばれる人は最初どうやって仕事を取ろうか考えていません。
どういうこと?と思いますよね。

—————————-

引用は以上です。
ちょっと長くなってしまいましたね。

詳細は次回のメルマガでお伝えしようと思います。
できたら、今回ご紹介した経営者さんに直接話を聞けたらなぁと。

ちょっと相談してみますね。

もし、現在、セールスで悩んでいること、
もしくは解決したいことがあれば、アンケートフォームまでお寄せください。

【MHアンケートフォームはこちら】
↓↓↓
goo.gl/3DlJ1t

セミナー・講座・教材情報

詳細を見る
Copyright 2017 株式会社マーケティングハイ